公明党「令和元年・台風19号」緊急対策本部を開催 – 公明党 幹事長代理 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

公明党「令和元年・台風19号」緊急対策本部を開催

ブログ

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

10/15(火)11:30~内閣府防災をはじめ関係省庁より台風19号による「10/15(火)朝5時時点」での被害状況について報告を受けるとともに、各議員が被災現場から寄せられた現時点での要望等を政府に伝えました。

政府の報告によると、死者38名、行方不明者11名、負傷者217名、住宅被害は全壊・半壊・一部破損910棟、床上・床下浸水9832棟。あらためて、お亡くなりになられた方々のご冥福を祈り、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

今回の台風被害の一つの特徴が全国で発生した河川被害です。堤防決壊は17水系43河川66箇所、越水等による浸水被害は62水系216河川におよび、被害詳細は現在も調査中です。

この台風期間で最も降水量が多かった神奈川県の箱根では1001.5mmもの降水量が観測されています。国交省の資料によれば日本の平均降水量が1718mmですから、1年に降る雨の半分が数日間のうちに降り注いだような状態だったことになります。

引き続き、目下の被害からの復旧・復興に総力を挙げ、あわせて河川をはじめとするインフラのあり方についての研究を進めていきます。

公明党「令和元年・台風19号」緊急対策本部を開催
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ