年金運用 4.4兆円の黒字 – 公明党 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

年金運用 4.4兆円の黒字

公明党ニュース

/ カテゴリー:公明党ニュース / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

株高で5四半期連続 財政基盤安定に貢献 年金運用 4.4兆円の黒字 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2日、2017年7~9月期の運用益が4兆4517億円になったと発表した。黒字は5四半期連続。運用実績を示す収益率は2.97%だった。2001年の自主運用開始以降、累積収益は62兆9272億円の黒字となり、運用資産は過去最高の156兆8177億円となった。

運用損益の内訳は、国内株が1兆7959億円、外国株が2兆349億円の黒字。国内債券も748億円の黒字に転換。外国債券は5399億円の黒字だった。

株式や債券の長期保有に伴う利子・配当収入は5739億円に上った。

公的年金の運用益が着実に増えているのは、自公政権が進めてきた経済政策が実を結び、株価が堅調なことが大きい。民主党政権末期に8000円台だった日経平均株価は、この期末に2万円台に達した。これに加え、米ダウ工業株30種平均も2万2000ドルの大台を超え、内外の株価上昇が運用益の押し上げに寄与した。

年金積立金の運用益が増えれば、年金財政が安定し、制度への安心感につながる。公明党は、経済再生を力強く進め、年金制度をさらに盤石にしていく決意だ。

公明新聞:2017年11月4日(土)付

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ