見えないからこそ – 公明党 幹事長代理 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

見えないからこそ

ブログ

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

おはようございます。

今朝は、若き日にベーチェット病を発症し、視力0.04、視野の損失率が95%以上という過酷な状況にも関わらず、家族の協力をえながら、教員を続ける一人の壮年の言葉をご紹介します。

「僕には『できない』ことが多い。生徒の外見の変化や、わが子が成長し活躍する姿さえ見ることができません。

でも教師として、父として、どうすれば『できる』かを考えています。知識を子どもたちに教える以上に、自分の姿を通して、『できない』を『できる』に変える喜びを伝えていきたい。

僕にとって障がいは、不安を抱え葛藤する生徒に寄り添い、共に一歩踏み出すための宝物なんです」
(8.27聖教新聞抜粋)

想像を絶するご苦労の末に、人はこんなにも強くなれることを教えてくれる、この一人の壮年の言葉に感謝し、今日も頑張ります。

見えないからこそ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ