庶民の代弁者として最良の選択を – 公明党 幹事長代理 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

庶民の代弁者として最良の選択を

ブログ

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

1/24(木)午前、東京議員会館にて建築確認申請・地デジの受信障害者等々について打ち合わせ。午後は厚労省にて国会同意人事・今国会審議法案等について打ち合わせ。夕刻より愛知県稲沢市の支部会へ。

支部会では、薬害肝炎の顛末を紹介し、道路特定財源について議論。テレビで報道されている無駄な道路やトンネルの話題になり、ガソリンにかかっている暫定税率は下げるべきとのご指摘をいただきました。私からは、本当に暫定税率をさげて私たちの生活に支障をきたさないのか? 例えば愛知県では1000億近い財源が無くなることになるが、本当に大丈夫なのか? それを今、詳細に突き詰めている旨をご報告しました。

繰り返しになりますが、税率は下げる、しかも必要な道路は造るというような無責任な主張には耳を貸さず、どこまでもシビアに現実を見据え、庶民の代弁者として最良の選択をいたします。

愛知県稲沢市の支部会へ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ