外見ケア がん患者の自分らしい生き方を応援 – 公明党 幹事長代理 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

外見ケア がん患者の自分らしい生き方を応援

ブログ, 公明党ニュース

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

党推進本部 がん研訪問 当事者の声聞く

自分らしい生き方を応援!――。公明党がん対策推進本部は13日、東京都中央区の国立がん研究センター中央病院・アピアランス支援センターを視察し、がん治療に伴う傷痕や脱毛など、外見(アピアランス)の変化に悩む患者のケアについて当事者の声を聞くとともに、野澤桂子センター長と意見交換した。古屋範子副代表のほか、推進本部の秋野公造本部長(参院議員)らが出席した。

同センターは、医師、臨床心理士、美容専門家らが連携し、医療用ウイッグ(かつら)や補整下着などの使用に関する相談などを行っている。

当事者の女性は「相談に乗ってもらい勇気が出たので、ウイッグや帽子などを使ったおしゃれを楽しめる。見た目を理由に一度は諦めた妹の結婚式への出席をかなえられた」と喜びを語った。野澤センター長は、外見のケアについて「患者が、社会とのつながりを保って、その人らしく前向きに日常を過ごせるよう支援の充実が必要」と強調した。

秋野本部長は、公明党がアピアランスケアを推進してきた経緯に触れ、「がん患者の“心の痛み”にまで寄り添う支援策を拡大していきたい」と語った。

公明党ニュース

当事者の女性(右手前)から話を聞く党推進本部のメンバー=13日 東京・中央区

外見ケア がん患者の自分らしい生き方を応援 党推進本部 がん研訪問 当事者の声聞く

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ