日中関係発展の道開く – 公明党 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

日中関係発展の道開く

ブログ, 公明党ニュース

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

青年交流の意義大きい
党訪中団 唐家璇 中日友好協会会長と会談

中連部の楊部長助理との会談に臨む党青年訪中団=5日 北京市(撮影・竹内秀伸)【北京5日=竹内秀伸】公明党青年訪中団の谷合正明青年委員長(団長)、伊藤渉青年局長、石川博崇学生局長、輿水恵一、濵地雅一両衆院議員は5日夕、北京市内で中日友好協会の唐家璇会長と懇談した。同協会の王秀雲副会長らが同席した。

冒頭、唐会長は、周恩来総理が日本の若手議員に「皆さんは人生においても、政治家としても、午前8時の太陽のように黄金の時期だ。これからの中日関係の未来、希望は皆さんの肩に託している」と語っていたことを紹介し、青年議員の活躍に期待を寄せた。

谷合団長は、8日に党創立者である池田大作創価学会会長(当時)の日中国交正常化提言から45周年を迎えることに言及し、「今回の訪中の目的は、日中友好の“金の橋”を継承していくことだ」と強調するとともに「歴史をもう一度胸に刻んで、新たな友好の1ページを開いていきたい。困難な情勢があっても青年議員が来ることに意義があると考え、訪中した」と述べた。

また、唐会長は、今後の日本の方向性に中国国民が大きな関心を持っているとして「日本が平和発展の道を堅持することを期待している」と述べ、「公明党には、今までの良い伝統を発揮し、大局に立って長期に目を見据えて正確な判断をしてもらいたい」と強調。

谷合団長は「公明党は『大衆とともに』の立党精神を堅持していく。その精神を根本に公明党がめざす日本の方向性は、唐会長が望まれる方向性と一致するはずだ」と述べた。

公明新聞:2013年9月6日(金)付

中日友好協会の唐家璇会長(中央)、王秀雲副会長(右端)との会談に臨む党青年訪中団の谷合団長(左から3人目)と(左から)濵地、伊藤、石川、輿水の各氏=5日 北京市(撮影・竹内秀伸)北京大学での一枚

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ