TPPは腰を据えて議論すべき – 公明党 幹事長代理 衆議院議員 いとう渉(伊藤渉 比例東海ブロック 公明党愛知県本部代表)

TPPは腰を据えて議論すべき

ブログ

/ カテゴリー:ブログ / 作成者:いとう渉(伊藤渉)

こんばんは。今日は早朝より愛知県内をご挨拶回りでした。
連日連夜、本当に皆様にお世話になりありがとうございます(^〇^)/

「野田首相は次期衆院選をにらみ、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加を年内にも正式表明する方向で調整に入った。」との報道。衆議院選の争点云々とのことですが、国論を二分するような議論を、国民に十分な判断材料も与えることなく争点化するとはいったい何事でしょうか??

本来、総選挙を経て、新たな政権で確かな情報のもと、腰を据えて議論すべき内容です。
自己の利益のために、国益を損ねるようなマネは断じて避けていただきたいと思います。

TPPは腰を据えて議論すべき

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ